ショーの種類に応じたピックアップマイクの選択と配置

ショーの種類に応じたピックアップマイクの選択と配置 ピックアップマイクは、日々の番組収録で大きな役割を果たしています。 マイク自体のビジネスのパフォーマンスの違いに基づいて、学生のそれぞれの強みを生かせるように、ショーの種類に応じて、自分でさまざまなマイクのピックアップを選びます。マイクロホンは、音を電気信号に変換する変換器であり、その信号はミキサーで増幅・変更されます。1.コンデンサーマイクは、周波数特性が広くて滑らかで、細かい既知の音がする。2.圧電マイクロフォンは温かみのある落ち着いた音を拾うため、デジタルコンテンツのフィルイン録音によく使われている。3.ムービングコイルマイクは、日常のレコーディングでもよく使われています。ムービングコイルマイクは、信頼性が高く、高温・低温・多湿の環境下でも作業がしやすいのが特徴です。また、マイクの特性によって、ピックアップの環境も変わってきます。番組の種類に応じたピックアップマイクの選択と配置インタビュー番組の音の拾い方トークショー自体の特性にもよりますが、ホストとゲストは常に比較的固定された位置に座っているため、ラジオのようなネッククリップマイクを装着しています。 一般的な男性の声の動的音圧レベルは60〜79dB、女性の声は58〜68dBなので、この低音が人の音の拾い方をサポートし、ラジオ用ラベリアマイクロホンの使用は、映像の美しさを確保するのに有効であるだけでなく、過渡的な音に対しても優れた応答性を発揮します。 静電容量式マイクの感度は5.6mV/Pa…

続きを読む