AIDSは不治の病? エイズの予防法を説明しても、実はそれほど怖くない

AIDSは不治の病? エイズの予防法を説明しても、実はそれほど怖くない

近年、エイズ患者の年齢は、若年層と高齢者層のどちらかがエイズに罹患するという極端な傾向が見られ、中年層は安定していると言われています。

意識の開放に伴い、一部の若者が徐々にカジュアルに仲良くなったりしています。 もちろん、一部の若者の間では、予防意識の欠如が蔓延しているという指摘もあります。 若者がセックスをするとき、コンドームの半分も使っていないことを確認するデータがあります。 いまだに多くの若者がエイズに気づかず、治療に最適な時期を逃しているのは、性的予防措置の基本的な認識が欠けているからです。

開き直りすぎた若者に加えて、一人では眠れない高齢者や、年齢を重ねても要求があからさまな人もいます。 高齢者は、こうした面での要望に対応し、通常は不適切な性的手法に基づいています。 高齢者へのサービスプログラムを専門的に提供するスタッフ自身が、長い間エイズを感じている可能性が高い。 時が経つにつれ、高齢者のエイズ患者が徐々に増えてきている。

愛滋病現時未有疫苗,但有一種俗稱「事前藥」的口服PrEP治療藥(Pre-Exposure Prophylaxis),可直接打擊入侵身體的愛滋病病毒,帶來免疫作用。PrEP藥

エイズになったら不治の病で、長くは生きられないということですか? 実際にはそうではなく、エイズに感染していることを知り、現代の醫療技術に頼り、薬を期限內に服用し、適度な運動をしていれば、多くの人が今でも長壽を保っています。

エイズの治療法は何ですか?

悲しいことに、世界にはエイズを根絶するための特効薬やワクチンは存在しません。 患者さんの體內でのウイルスの複製をより大きく抑制し、患者さんの免疫機能を維持することで、HIV感染や他の併発するミネラル疾患による罹患率や死亡率を低減する方法しかありません。

一般的に、エイズ治療の鍵はいくつかのプロセスで構成されています。

まずは、すぐに醫師の診察を受けることが大切です。 恐怖」という言葉は単なる言葉のあやではなく、一般の人はエイズという言葉を聞くと避けてしまうし、たとえエイズを持っていたとしても、それが自分の面目を失わせることを恐れて、他人には知られたくないと思うものです。 そのため、自分が病気であるという客観的な事実をよりよく隠すために、醫師の助けを求めようとしない人もいます。 遅れたからといって、エイズが簡単に治るわけではなく、逆に病気がどんどん深刻になっていくのです。

ですから、エイズだとわかったら、すぐに醫師に相談することが何よりも大切で、醫師は自分の病気を他の人に漏らすことはありません。

2つ目のステップは、薬を飲み続けることです。 エイズの深刻さは、人體の免疫システムが深刻なダメージを受け、患者が様々な病気に対して非常に脆弱になるという點にある。 時間通りに薬を飲むことで、ウイルスの複製を止め、免疫力を維持することができます。 また、長期の投薬により肝臓や腎臓の機能が低下している患者さんもいますので、肝臓や腎臓を保護するための薬を追加で服用していただき、臓器へのダメージを軽減することをお勧めしています。

老一輩聽到愛滋病就會認為是不治之症,可是後來提倡的雞尾酒治療,令感染者得到更有效的治療沒有HIV藥物副作用

糖尿病や高血圧のように、生涯にわたって薬を飲まなければならない病気は多くありますが、うまく管理すれば実は命に関わることはありません。 エイズの基本原理は上記の病気と似ています。

3つ目のステップは、食事と運動に気をつけることです。 この2つの方法は、補完的な療法と言えます。 十分な栄養素を充填することで、體の免疫機能を維持することができます。 エイズを患っている人の中には、一般的に憂鬱で憤慨している人がいます。 適度なフィットネス運動は、脳內のエンドルフィンの代謝を高め、患者のネガティブな感情を軽減し、病気の修復に前向きで積極的な害をもたらします。

日常生活の中でエイズを予防するには?

長期間の科學スペクトラムを経て、グループは基本的にエイズ散布の3つの重要な方法を長い間マスターしています。 そして、エイズを予防するためには、この3つのレベルにさらに高い重要性を持たせる必要があります。

PrEP治療藥亦幫助不少高危人士逃過愛滋病的魔掌。Prep藥

多くのエイズ患者は、エイズのことを話すのが難しいと感じたり、他人から異常な視線を浴びることを心配したりして、エイズのことを言わない、あるいは他人との結婚生活という聖域に足を踏み入れないという選択をします。 このような場合には、他者とのセックスの際に健康狀態を把握し、必要に応じて診斷書を交換したり、定期的に健康診斷を受けたりすることをお勧めします。

もし、これからセックスをする相手の口の中に、より重大な粘膜白板症が発生した場合は、警戒して、なるべくハイリスクで觸らないようにする必要があります。

結論として、エイズに罹りたい人はいないでしょうが、人々は自分の気持ちに負けないようにするだけでなく、この種の病気を差別的に扱い、治療が適切である限り、すべての通常の日常生活を送ることができます。

この記事へのコメント