動静脈血液ガスを区別する3つの方法

動静脈血液ガスを区別する3つの方法方法1:外観と区別する動脈血は真っ赤で、注射器の内面に脈拍が見えました。しかし、患者の末梢循環が悪い場合、脈動は明らかではありません。重度の低酸素症では、動脈血も暗く、区別が困難です。方法2:血中酸素飽和度を監視する重症患者は、ECGモニタリングと非侵襲的酸素飽和度モニタvenous blood gas、採血時の非侵襲的酸素飽和度を記録し、血液ガス検査結果の血中酸素飽和度と比較します。差が5%以内の場合、採取された血液は動脈血と見なされます。例えば、採血時の非侵襲的血中酸素飽和度は97%、血液ガス検査結果の血中酸素飽和度は92%を超えており、動脈血であると結論付けることができます。 92%未満の場合は、静脈血である可能性があります。方法3:血液ガス分析の結果と区別する大量の文献を検討した結果、基本的に動静脈血を区別できるいくつかの値があることがわかりました。したがって、同時に、患者の動脈血と静脈血が採取されました。検査報告書のスクリーンショットは次のとおりです。これで、血液ガス検査結果のpO2値を確認できます。患者の非侵襲的酸素飽和度モニタリング(SpO2)が80%を超え、血液ガス検査結果のpO2値が50 mmHg未満の場合、次のことができます。基本的に、図2の赤血球値に示すように、静脈血が誤って採取されたと結論付けられます。エッセンスサマリー血液ガス分析検体を送付できない場合は、動脈血酸素分圧を判断する簡単な式をお渡しします。脈拍酸素測定値をお持ちであれば、動脈…

続きを読む