雨の日にハイキングに行く場合はどうすればよいですか?

雨の日にハイキングに行く場合はどうすればよいですか?ハイキングや登山は、ますます人気が高まっており、体調を整えて美しい景色を楽しむだけでなく、心も体もリラックスしてストレスを解消することができます。しかし、夏は雨が降り、山の天気は変わりやすく、登山は雨天に遭遇することが多く、アウトドアスポーツに特定の個人的な事故や危険をもたらします。それでは、何に注意を払う必要がありますか?1つは、登山の機会を把握することです。登山時間は朝か朝、午後は山を下りて駅に戻る必要があります。許可なく登山ルートや時間を変更しないでください。特に雨の日は、山に大雨が降ると危険です。次に、登山用品を準備します。必ずスポーツシューズ、ロープ、傘、乾物、水を用意してください。雨が降ったら、登るのをやめ、雨からパビリオンや避難所を探すことができます。3.防水服を携帯する:傘、レインコート、ジャケット、革の服、速乾性の服。傘とレインコートは一般的な防雨装置です。梅雨の時期は、風のない開放的な場所を歩くなどの適度な雨天が傘をさすのに適しており、適度な雨の時期は、森の中でレインコートを着るのに適しています。防風・保温機能はありますが、通気性がなく耐擦傷性に劣り、悪天候時のジャケット着用、雨天時の革や速乾性のある衣類の行山鞋牌子。4つ、優れたナビゲーション、地図などを持参してください。道に迷わないように、登るときはナビゲーション、コンパス、地図などを忘れずに持参してください。登山場所は慎重に選択し、安全な登山ルートを選択し、一緒に歩き、お…

続きを読む