超音波は超音波ですか? また、超音波にはいくつかの種類があります...

超音波は超音波ですか? また、超音波にはいくつかの種類があります。 超音波というと、多くの人は馴染みがなく、超音波はよく言うB超音波で、それによって人間の体内のいくつかの器官の問題を理解することができると思っています。超音波にはどのような種類がありますか?タイプAの超音波A型超音波は、主に胸水などの液体を含んだ病変の診断や、穿刺部位のピンポイント診断に使用され、内臓の大きさや間隔を正確に測定するのにも役立ちます。B-超音波B型超音波は、B-ultrasoundとも呼ばれ、心臓や腹部などの検査に用いられます。短時間で簡単に実施でき、赤ちゃんや母体の状態を正確に把握でき、赤ちゃんを簡単に傷つけることがないため、特に産婦人科医が使用しています。Mモード超音波Color Doppler Ultrasound System心臓の大きさ、心臓弁の形や動き、さらには心臓に悪性腫瘍があるかどうかの確認にも役立ちますが、心臓病の診断には限界があるため、より価値の高い診断を行うためには、他の画像検査と併用する必要があります。Dモード超音波D型超音波はマルチスペクトル超音波とも呼ばれ、主に毛細血管や心臓の問題の検査を補助するための検査で、検査の場合は血液の向き、血流などを取得して心臓や毛細血管を分析・診断するだけでなく、血液供給状態の途中にあるいくつかの機関の診断を補助することもできます。超音波検査には様々な種類があることを理解し、超音波検査を実施する前に自分の体の状態を把握し、自分に合った検査を選択することが大切です…

続きを読む