2015年10月09日

海外の人が欲して輸

私は当然ですが日本の農作物が海外へ輸出されることを問題にしたいわけではありません。

恐らく日本の農作物は世界修護皮膚 の中でも品質は良いのでしょうし、それを海外の人が欲して輸出することは良いことだと思います。

でも、それが日本の農業の救世主と言うかそうならなければいけないというのはどうなんでしょうね?

この話を考える根本的な私の思いは日本で作った(質が高い)農作物はまず日本人に食べさせろよと言うことです。

これが日本人はもう国産の農作物を好地中海禿頭きなだけ食べられていて、それでも余るから海外へ売り出そうとなるのはわかります。

でも、実際は食料自給率がカロリーベースで40%、生産額ベースでも70%です。

と言うことは別に日本は国産がそこまで余ってるわけでもないと言うことです。

だって実際の生活を考えてもまぁ私はニートなのでちょっと話がややこしくなりますが国産は高いから外国産を買う場面一程多站旅遊なんて毎日のようにありますよね?
posted by huser at 13:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください